<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

安比高原 2013

2013

この冬最大と言われた低気圧が、北陸・東北地方を通過した先週末
わが家は、岩手県の安比高原にいた。

朝一、ゴンドラが動くのを待って山頂へ。
麓では穏やかでも、やはり山頂は荒れている。体重の軽い息子は
滑ろうとしても前へ進めず、逆に押し戻されそうな勢い。
朝一の圧雪されたバーンを一気に滑り降りるのは、安比での楽しみなのに…
この天気では仕方ない。

山頂は荒れていても、少し降りると風も弱まり穏やかになる。
今年狙うのは、ハヤブサコースの中級斜面。
去年は、予想以上の斜度に腰が引けて、思うようにスピードに
乗れなかった。
今年はどうだろう、中級斜面攻略のレッスンビデオを見てイメージ
トレーニングをしたのが良かったのか、2週間前足慣らしに行った
スキーが良かったのか、去年ほどの恐怖感は無い。
麓を見下ろしながら、ロングのターンで滑り降りる爽快感!
調子に乗って転倒もしたが、もう恐くない。
何かコツを掴んだような・・・そんな気がした。
いつか斜度30度の頂上から滑り降りてみたい。

安比でのみ、息子はスキースクールへ行く。
今は5段階の内、上から2番目のクラス、まあまあ滑れるほうだろう。
「自由に滑れないからイヤだ」と、息子は生意気な事を言うが
スクールに入らずに誰が教えてくれるのだ。
どうせなら、綺麗に滑れるようになりたいではないか!

パラレルターンが出来るようにならないと、そのには上がれない。
向上心が出るのはいつだろうか。
しばらくは、たぬき組で足踏みだろう。

朝一のゴンドラに乗るため、運行前に並ぶのは常だが
私たちの前には、必ず地元のおじさんが並んでいる。
ヘルメットが板に付き、カッコイイのだ。
何歳まで滑っていられるだろう。あのおじさん達のように
いつまでもワクワクしていたいな。

関連する記事
コメント
コメントする








   

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

LINKS

PROFILE

SEARCH


OTHERS

mobile

qrcode